中国と理財

中国における理財とは、家計のやりくりを行ったり資産を有効的に運用したりすること、金融などにかかわることを意味しており、中国では投資に関する関心が非常に高く、アジアの中でも特に高い投資の割合を持っているのです。

こうしたことから、中国の株式市場には様々な人たちが投資を行うために参加しており、資産の運用目的で取引をする人や、投資そのものを楽しみとして取引を行う人、日々の生活の糧にしたり、遊興費などに充てるために取引を行う人など、その目的も様々であることながら、会社員、学生、年金生活をする高齢者をも含めて社会のあらゆる人たちが株式投資に参加をしていて、こうした人たちが取引を行う取引高は全体の8割にもなるといわれています。

中国の株式市場は、海外企業にたいして閉鎖的な株式市場であり、またその投資家も多くが中国の個人投資家や企業という事もあって、海外の株式の動向の影響が少ないという特性を持っています。

一見すると閉鎖してしまってる株式市場にも思えますが、中国には13億人を超える人たちが住んでおり、この人口の多さが市場を活性化させており、また膨大な数の個人投資家たちが参加することを可能にしているのです。

こうした中国の株式市場の中で、取引を行う投資家の分布を見た場合、大きな存在感を示しているのが個人投資家の数で、その売買代金の占める率は先の通りに8割を超えるものとなっていて、海外の株式市場には見られない、忠告の株式市場ならではの特徴と言えます。

また、中国の株式市場に参加している多くの個人投資家は、短期での売買取引を行う傾向があり、こうした多くの人たちが参加している株式市場にもかかわらず、株の保有している残高が少なくなっています。

このようなことから、中国の個人投資家たちは、長期的に資産を運用するよりも短期的な取引で資産を増やすという事に関心を持っていることが分かります。
中国の個人投資家の幅は広いですが、高齢者の方であれば引退後の趣味として仲間と一緒に株取引をして過ごすことを楽しみとしていたり、また、インターネット取引を利用して、趣味と実益を兼ねて株取引の勉強に投資を行う学生もいます。

また、大きく投資をすることをせず、日々の生活に使えるだけの株取引を行う人や、身内のために投資で株で出た稼ぎを使おうという人たちもおり、投資という概念が非常に身近であり、生活の中に浸透しているのです。

しかし、こうした半面、個人投資家が投資を行うための情報の精度が問題となる場合もなり、個人投資家同士が集まって株の情報を交換し合ったり、またインターネットのニュースや情報などによって投資を行う人たちも多いため、風説に流されてしまうなど個人投資家たちの売買取引の動向によって株式市場が大きくバランスを崩すなどの事柄も起きているのです。