理財サービス

理財サービスは、中国におけるざまざまな金融や資産運用のサービスの事を指しており、金融サービスとは、金銭を扱いこれを生業にしている商売や業務、サービスの事を一般的意味し、銀行や消費者金融などの融資、証券会社などを通じた株や為替、債券などの売買取引、保険業務や投資ファンドやその金融商品などを意味するものになっています。

、近年の中国ではインターネットを利用した金融などのサービスの需要と供給が拡大し、様々な規制が整う中で、大きな発展を見せています。

中国では2013年がインターネット金融元年と言われており、中国の大手のインターネット会社であるバイドゥ、アリババ、テンセントなどが中心となり、企業対企業、個人対個人、企業対個人といったさまざまなプラットフォームから、この金融のサービス、金融事業を展開することで、大きな発展を見せているのです。

こうした大手のインターネット会社は、金融事業に本格的に参入するにあたって、その配下に理財サービスを提供する会社を設立し、個人や小さな企業向けにサービスを展開させ、こうした理財サービスが大手企業や大きな資産を持つ人たちばかりではなく、草の根まで行き渡るようなネットインフラの整備を行っています。

これには、インターネットを取り巻く現在の社会的状況も大きく貢献し、特にスマートフォンなどのモバイル端末の普及が大きな相乗効果を見せることになりました。
現代社会では、ほとんどの個人がこうしたスマートフォンなどを持っており、様々な機能を行わせることができるアプリケーションソフトを手軽に入手することができます。

中国の大手ネット会社が行うインターネット金融は、このスマートフォン向けの携帯アプリを通して、様々な理財サービスを個人向けに展開することにより、顧客の数を一気に増やし、またその顧客に対してここにサービスを提供することができるようになったのです。

このようなインターネット金融を通した理財サービスは、個人消費者にとってわずわらしい手続きなどがいつでも簡単に手元で行え、また履歴なども簡単に参照できるなどの事からそのニーズをしっかりとつかみ、ある金融サービスのアプリでは実名ユーザー数は4億を超えているともいわれています。

インターネット金融を利用した理財サービスは、さらなる発展をしており、光熱費や水道費の支払い、病院の予約などが行えるなど、オンラインからオフラインへとその効果を広げており、また、理財サービスの利用からその個人の信用状態を確認し、この信用度が高い場合には、ホテルなどでの優遇を受けることがほか、海外のビザなどの取得も可能になったりと、まさに個人にとってはなくてはならないものとなりつつあるのです。